Blog&column
ブログ・コラム

鍛冶工と溶接工の違いについて

query_builder 2021/10/15
コラム
34
求人などを見ていると、鍛冶工や溶接工といった言葉を見かけることがあると思います。
しかし、鍛冶工と溶接工の違いがはっきり言えるという人は少なく、なんとなくの雰囲気で理解しているということもあるでしょう。
しかし、鍛冶工と溶接工は全く違う仕事です。
そこで今回は、鍛冶工と溶接工の違いについて解説していきます。

▼仕事内容での違い
鍛冶工と溶接工は仕事内容がほとんど一緒だと思っている人も少なくないと思いますが、鍛冶工は活躍できる場が多くいわゆる「なんでも屋さん」というイメージがピッタリでしょう。
たとえば足場や機器分解、溶接工事、重機の運転など、主に建設現場のさまざまな職業が入り混じったのが鍛冶工です。
一方溶接工は、溶接をメインでやっているのでそれ以外は業務外となります。
しかし、中には溶接以外の業務も請け負っている会社もあります。

▼給料での違い
給料面では、鍛冶工・溶接工問わずピンからキリなので一概には言えませんが、鍛冶工は幅広く業務をこなすことができるので仕事が入ってきやすいでしょう。
ただ、その分単価が安いことも少なくありません。
一方溶接工は、溶接に特化しているのでその仕事しか入ってきません。
ただ、技術力が高い会社であれば1つの仕事の単価が高くなります。

▼働き方の違い
鍛冶工と溶接工では、独立のしやすさにも違いがあります。
鍛冶工は業務範囲が広いので、溶接工と比べて独立しやすいです。そのため、将来独立を考えている方は鍛冶工がおすすめです。

▼まとめ
鍛冶工と溶接工は混同されがちですが、さまざまな違いがあります。
弊社では現在鍛冶工として働いてくれるスタッフを募集しているので、気になる方はぜひご連絡ください。

NEW

  • 大阪市平野区の環境施設のボイラー更新工事が完了しました

    query_builder 2021/03/26
  • 溶接の資格の種類ついて

    query_builder 2022/06/05
  • 福利厚生の種類について。人気の福利厚生は?

    query_builder 2022/05/03
  • 福利厚生を充実させるメリットとは?

    query_builder 2022/04/01
  • 福利厚生とは?

    query_builder 2022/03/15

CATEGORY

ARCHIVE