Blog&column
ブログ・コラム

鍛冶工に必要な資格について

query_builder 2021/10/01
コラム
33
鍛冶工の仕事は専門的な知識や技術が必要なので、鍛冶工として働くうえで取得しておいた方がいい資格があるのか気になる方もいると思います。
鍛冶工になるために特別な資格を取得する必要はありませんが、働いていく中で必要な資格を取得していくことになります。
そこで今回は、鍛冶工に必要な資格について解説していきます。

鍛冶工に必要な資格
・玉掛け作業主任者
・アーク溶接特別教育
・足場の組み立て
・解体等の作業主任者
・研削と石特別教育
・酸欠作業主任者
・粉塵作業
・小型移動式クレーン
・フォークリフト
・低圧電気取扱者
・有機溶剤作業主任者
などといった資格は、鍛冶工として働くうえで必須とも言える資格です。
これらの資格はそれほど難易度は高くないので、働きながら取得することが可能です。

▼より高レベルな鍛冶工を目指すために必要な資格
先ほど紹介した資格以外にも、取得しておくと役に立つ資格があります。
たとえば、衛生管理者、コンクリート技士、測量士・測量士補、施工管理技士などです。
鍛冶工はさまざまな場所で活躍できる仕事なので、あらゆる資格を持っているとそれだけ活躍の場が広がります。
鍛冶工としてキャリアアップを目指すなら、人と差別化できる資格を取得するのがおすすめです。

▼まとめ
鍛冶工として働きたい方は、できるだけ多くの資格を取得すればそれだけ活躍の場が広がり、キャリアアップも目指せます。
弊社では現在新規スタッフを募集しているので、鍛冶工に興味のある方は気軽にご相談ください。

NEW

  • 大阪市平野区の環境施設のボイラー更新工事が完了しました

    query_builder 2021/03/26
  • 溶接の資格の種類ついて

    query_builder 2022/06/05
  • 福利厚生の種類について。人気の福利厚生は?

    query_builder 2022/05/03
  • 福利厚生を充実させるメリットとは?

    query_builder 2022/04/01
  • 福利厚生とは?

    query_builder 2022/03/15

CATEGORY

ARCHIVE