Blog&column
ブログ・コラム

製鉄所で働くうえでおすすめの資格とは?

query_builder 2021/09/15
コラム
31
製鉄所で働きたいと思っている方の中には、働くうえで資格を持っていた方がいいのか気になっている方もいると思います。
製鉄所ではさまざまな機械を扱うので必要な資格もありますが、入社して働きながら資格を取得できる会社もあります。
そこで今回は、製鉄所で働くうえでおすすめの資格について解説していきます。

▼溶接技能者
溶接技能者には、アーク溶接・ガス溶接・銀ろう付けの3つの資格があります。
アーク溶接とは、電気の放電を利用して金属を繋げることができる資格で、工場や建築現場、車の製造などさまざまなシーンで役に立ちます。
ガス溶接とは、さまざまな種類のガスを利用して金属を繋げることができる資格で、溶接資格の中でも基本的な資格になります。
銀ろう付けとは、溶かした「ロウ」を部品と部品の間に流し込んで固定する方法で、小さな金属を加工する際に使われることが多いです。

▼CAD
CADはコンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計を行います。
製鉄所で働くうえでCADは関係ないように思えますが、現代の製鉄所ではさまざまなコンピュータやシステムを用いて作業を行うことが増えたので、持っておくと便利な資格です。
製鉄所で役に立つのはもちろん、CADを取得すれば他の業種でも使えるので転職に有利になる可能性があります。

▼まとめ
今回は2つの資格をご紹介しましたが、他にも取得しておくと便利な資格はたくさんあります。
弊社では働きながら必要な資格を取得できるので、興味のある方は気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 大阪市平野区の環境施設のボイラー更新工事が完了しました

    query_builder 2021/03/26
  • 鍛冶工と溶接工の違いについて

    query_builder 2021/10/15
  • 鍛冶工に必要な資格について

    query_builder 2021/10/01
  • 製鉄所で働くうえでおすすめの資格とは?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE