Blog&column
ブログ・コラム

製鉄所における安全対策の方法について

query_builder 2021/08/08
コラム
26
製鉄所は危険な作業が多く、労働中のケガや死亡事故が少なくありません。
各製鉄所で安全対策が行われており、従業員は細心の注意を払って作業していると思いますが、それでも事故は発生してしまうのです。
そこで今回は、製鉄所における安全対策の方法について解説していきます。

▼従業員の教育
製鉄所での作業は常に危険と隣り合わせなので、緊張感を持って作業する必要があります。
そのためには従業員全員がどのような危険があるのかを把握し、知識と技術を身につける必要があります。
新入社員に対して教育を行うのはもちろん、意外と事故が多いのは仕事に慣れてきたベテラン社員なので、会社のトップがベテラン社員に対しても継続的に教育していかなければなりません。
慣れてくると会社で決められたルールを守らない人もいるので、ルールを徹底することが大切です。

▼設備の安全強化
従業員がいくら気をつけて作業を行っていても、設備に安全対策がなされていなければ意味がありません。
危険な設備の周りには柵を設置したり、問題が発生したら自動的に止まる設備を導入したりなど、設備に対しても安全対策を施す必要があります。
かつては安全より生産を優先していたので、問題が起こっても設備を止めるのを躊躇していましたが、現在は何かあれば設備を止める指導がされています。

▼まとめ
製鉄所は危険な設備や作業が多いので、徹底的に安全対策を行っていく必要があります。
弊社では従業員の教育や指導を徹底しているので、製鉄所で働いてみたいという方はぜひ一度ご相談ください。

NEW

  • 大阪市平野区の環境施設のボイラー更新工事が完了しました

    query_builder 2021/03/26
  • 鍛冶工と溶接工の違いについて

    query_builder 2021/10/15
  • 鍛冶工に必要な資格について

    query_builder 2021/10/01
  • 製鉄所で働くうえでおすすめの資格とは?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE