Blog&column
ブログ・コラム

製鉄所とはどんなところ?製鉄所についてご紹介

query_builder 2021/08/01
コラム
25
製鉄所と聞くと、なんとなくイメージが湧くと思いますが具体的にはどんなところなのかハッキリしない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、製鉄所とはどんなところなのかをご紹介します。

▼製鉄所とは
製鉄所は一言で言うと、鉄を作る場所です。
ただ鉄を作ると言っても、その種類はさまざまあります。
・高炉を使い、鉄鉱石を銑鉄から鋼にして、最終的に鋼材にする銑鉄一貫製鉄所。
・鉄のスクラップを電気炉で溶かして鋼を作り、鋼材にする電炉工場
・圧延設備で鋼材を作る単純圧延工場
の3つがあります。

製鉄所と聞くと、巨大なものを想像するかもしれません。
しかし、規模としてはそれほど大きくない製鉄所もたくさん存在します。

▼製鉄所の歴史
日本の製鉄所は、9世紀頃から出雲地方で発祥しました。
当時は、砂鉄と木炭を原料とした「たたら」という製法で鉄を作っていました。
明治初期までは、「たたら」で鉄が作られ、日本刀や農具などの鉄に活用されていました。

江戸時代末には、ヨーロッパの技術が取り入れられ、洋式の高炉が現在の岩手県釜石市に作られました。
その後明治時代では、北九州に八幡製鉄所が作られ、日本の近代文化や鉄づくりの文化を支えてきました。

▼まとめ
今回は、製鉄所についてご紹介しました。
製鉄所には長い歴史があり、現在では世界の中でもトップクラスの製鉄技術を持つまでに成長しました。

また、現在当社では製鉄所などで働いてくれる求人募集しています。
製鉄所の仕事にご興味ある方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

NEW

  • 大阪市平野区の環境施設のボイラー更新工事が完了しました

    query_builder 2021/03/26
  • 鍛冶工と溶接工の違いについて

    query_builder 2021/10/15
  • 鍛冶工に必要な資格について

    query_builder 2021/10/01
  • 製鉄所で働くうえでおすすめの資格とは?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE