Blog&column
ブログ・コラム

建設業界の保険である建設連合国民健康保険についてご紹介

query_builder 2021/07/08
コラム
22
建設国保と呼ばれる、建設連合国民健康保険は建設業界に関わる方が加入する保険です。
では、建設連合国民健康保険とは一体どんなものなのでしょうか。
今回は、建設国保の内容やメリットなどをご紹介します。

▼建設国保とは
建設連合国民健康保険は、国民健康保険組合によって運営される保険です。
国の補助金と組合員の保険料によって運営され、1人親方や従業員5名未満の事業所などが加入しています。

▼加入方法と保険料
加入するためには条件があり、組合により多少異なります。
基本的には、「建設業に従事」、「組織の規模」、「加入時の年齢」が条件です。
必要事項を記入した用紙を事業所などに提出し、加入手続きをします。

保険料は、所属や年齢、家族の人数で変動します。
年齢と家族の人数が増えれば、保険料も増えます。

▼建設国保のメリット
建設国保に加入すれば、下記の制度が受けられます。

・傷病手当金
・出産育児一時金
・人間ドック等補助
・特定健康検査補助
・保養施設利用補助

また、保険料は地域や所得によって変動することはありません。
そのため高所得になっても、負担が増えない点がメリットと言えます。

▼まとめ
建設連合国民健康保険は、建設業に関わる方が加入する保険です。
加入すれば、さまざまなメリットを得ることができます。

通常の国民保険とは異なり、建設業界に特化しているため建設業に従事する方のニーズを満たす保険と言えます。
建設国保が気になる方は、ぜひ加入を検討してみてくださいね。

NEW

  • 大阪市平野区の環境施設のボイラー更新工事が完了しました

    query_builder 2021/03/26
  • 鍛冶工と溶接工の違いについて

    query_builder 2021/10/15
  • 鍛冶工に必要な資格について

    query_builder 2021/10/01
  • 製鉄所で働くうえでおすすめの資格とは?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE